インプラント術後の保護の重要性

インプラント治療後に、メンテナンスを受けない方が多くいらっしゃいます。治療後、数年が過ぎると、その治療部分には問題がないのですが、周辺の自分の歯にトラブルが発生するケースが多いのです。口の中の状態は年々変化し、歯や歯茎の状態は老化していきます。しかしインプラント部分は何年経っても変化しません。とても丈夫なのです。つまり、噛み合わせが合わなくなり、治療後の反対側の歯がダメージを受けやすくなるのです。歯の状態を確認するためにCT撮影を行い、治療には主にマウスピースを使用します。歯を守るためにも、定期的なメンテナンスによる噛み合わせ変化の確認が大切です。また、ご自分による日々の歯磨きで清潔さを保つよう心がけることが、健康な歯を維持することになります。

マウスピースかインプラント

歯並びが悪いと悩んでいる人には、マウスピースを使った矯正治療やインプラント治療がとても良いとされています。インプラントは一回歯を抜き、抜いた所に歯根を埋め込み、差し歯にする治療法でとても綺麗に仕上がる治療です。また耐久性優れていますので、一度治療をしてしまえばずっと綺麗な歯でいられるのです。またマウスピース治療は、歯を抜かないで行う、矯正治療で、完治するまでに期間がとても長くかかるのものです。どちらも歯並びが悪い人の治療で、自分で選んで行う事が出来るのです。完治した時には、とても綺麗な歯並びになるのです。

↑PAGE TOP